スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
ベストジャンベニストへの道


皆様お久しぶりです。車田正美です。
毎日毎日脳ミソを停止させて労働ピューリタンごっこをしながらツラツラと日常にぶっ殺されている間に、気付けば友人の漫画が雑誌に掲載されるわ、別の友人にはフランスで出版される雑誌からオファーが来るわ、仲間内で友人同士が男と女の関係になり、互いの性器を(以下略)してるわで、俺は死ぬほど彼らを祝福しつつも、同時に何だか妙な焦りを感じている今日この頃。

そんなグズグズの日々を過ごしている間に僕は24歳になってしまったのでありますが、そんな僕を見かねてか、誕生日に友人達がジャンベをプレゼントしてくれはりました。
というのも、昨年末、職場の飲み会で泥のやうな酒を大量に浴びて泥酔リーマンと化していた僕は、友人にタチの悪い電話攻撃を仕掛け、「やっぱモテるにはジャンベだろ」と完全に思いつきの“モテ=ジャンベ”説を力説し、挙句「俺はベストジャンベニストになる!」と「そして、美少女(重要キーワード)をメロメロにさせてやるんだ」と鼻息荒く宣言していたためであり、
そんな俺のどうしようもない願望に、正確に言えば、頭のおかしい友人の戯言に、皆が付き合ってくれたことに俺は俺の死を死にたいほど感動し(?)、また、得体の知れない勝手なルサンチマンをぶつけながら、ポコペンポコペン毎日ジャンベを叩いている次第。

いつの日か、僕の叩くジャンベのビートが世界中の美少女に届くことを願って、僕は今日もジャンベをポコペンとぶっ叩くのであります。
| etc | comments(2) |
俺、推して参る。
友人のテスさんから印象バトンを頂きました。

■回してくれた方に対しての印象

優しくゆらゆら燃え(萌え)ながら静かにトチ狂っているお方。
変顔時の顔面強度からは小宇宙及びセブン・センシズを感じます。
愛してるぜ。

追伸)誕生日おめでとう!

■周りから見た自分はどんな人だと思われていますか?

ロリコン。


■自分の好きな人間性について、5つ述べてください。

D.T.
これに尽きます。

■では反対に嫌いなタイプは?

ガハハ
これに尽きます。

■自分がこうなりたいと思う理想像とかありますか?

柳沢慎吾。


■自分のことを慕ってくれる人に叫んでください。

俺を扶養してください。


■そんな大好きな人にバトンタッチ!5名!(印象付で)

僕はいつでも自分がアンカーだと思って人生を生きています。
| etc | comments(0) |
祭りで飲むビールって死ぬほど美味いよね。
先日告知したとおり、先週の土曜と日曜の2日間デザインフェスタに参加してきました。

正直僕は、雑誌「蜂鳥微動」でデザフェスに参加するというアイデアにはひどく懐疑的だったワケで、正直あまり乗り気ではなかったのですが、っていうのも、デザフェスという場は、なんかこう「俺ってよく人から変わってるって言われんだよね〜」的な頑張って変人を“気取っている”人達が目を血走らせて「ね、俺って変わってるでしょ」アピールを執拗に繰り広げる、非常に不愉快でキワキワなところだという勝手な妄想を抱いていたからでありまして、そんでもって村上隆とか何かよく分からん胡散臭いヤツがやって来ちゃあ、ちょっと痛めの不思議少女をナデナデ愛でてはウッシッシ、アートってイイヨネみたいな。ッて完全にGEISAIと勘違いしていたワケで(ってGEISAI行ったことねえので分かんねえけど)。いやホント、デザフェスさんごめんなさい。あんた最高だ。最高に楽しませてもらいました。ありがとう。

本当にクオリティの高い表現を繰り広げる人たちから、趣味で作ったようなアクセサリーなんかを売ってるおばさんまで、本当に色んな人達が幅広く、思い思いの表現を発表していて、且つそれが全然ヤらしくなく、まったりゆるゆると繰り広げられている光景というのは、とても素晴らしいものでした。地域の夏祭りとか、小学校のバザーとか、なんかガキンチョからお年寄りまで、いろんな年齢の人たちが、それぞれにまったりとリラックスしながらフラフラと楽しんでるような、そんな感じ。

僕も、ビール飲んだり、ポップコーン食ったり、タイラーメンすすったり、海見ながら煙草をふかしたり、かなり満喫して参りました。

で肝心の雑誌の方はどうだったのかと言いますと、これがまたなかなか好評で、想像してた以上に反応は良く、たくさんの方にお買い上げいただきました。ホントにどうもありがとうございました。
同じ趣味のお客さんとは、マンガの話や音楽の話で盛り上がったり、また、同じく雑誌を企画中という方とお話したり、アーティストの方に次号のオファーをだしてみたりと、すんげえ有意義な交流を持つこともできました。

デザフェス後も、インターネットを通じてまた交流が生まれたりしていて、なんかこう、繋がっていくなぁと。スタッフや友達やお客さんや、色んな繋がりがどんどん広がっていって、少しずつ少しずつ輪が広がっていって、そういうのがすごく楽しくて、面白い今日この頃。

モノをつくるってこと、そんでそれが誰かに届くってことは、本当に素晴らしいことで、これ以上嬉しいことはないんではないだろか?
と俺は最近考えているわけです。

最後に、こんなチャンスをくれたハチドリ商事の皆様、どうもありがとうございました。
こっからがまた楽しくなるよね。
| etc | comments(0) |
LAST DAYS

カート・コバーンの死にインスパイアされて制作された(らしい)ガス・ヴァン・サントの新作。

カートをモデルにした主人公の「ブレイク」をマイケル・ピットさん(詳しくは知らんです。)が演じていますが、予告編を見る限りでは結構雰囲気出てます。ヴェルヴェット・ゴールドマインのユアン・マクレガーもだいぶ似てたけど。(ってアレぁモデルはイギーポップだっけか?)

最近じゃ謎のベスト盤が出たり、「NIRVANA好きです」とか「カート・コバーン愛してます」とか言っちゃうと、妙に気恥ずかしいような気持ちを勝手に抱いてしまう俺がいるのですが、って、そんなこと考えちゃう俺が恥ずかしいワケだけども、なんだかんだで観ちゃうのだろな。
だって俺大好きだもんニルヴァーナ。

ちなみにSONIC YOUTHのサーストンは音楽監督として、キム姉さんは女優として(!)出演。

いや、観ちゃうんだよな、絶対。
ってか観たいんだよなぁ。

日本では来春公開予定。
Gus Van Sant's Last Days
| etc | comments(3) |
MOTHER3公式発表

嬉し過ぎて泣きそうだ。

任天堂
ITmediaの記事
ほぼ日
| etc | comments(6) |
「Passion and Action ― 生の芸術 アール・ブリュット」展


HOUSE OF SHISEIDOにて「Passion and Action ― 生の芸術 アール・ブリュット」展が開催中(11月27日マデ)。しかも入館無料!!
ヘンリー・ダーガーの作品がナマ&タダでみれるとなりゃ、こいつぁ死んでも行くしかない。神様ありがとう。

http://www.shiseido.co.jp/house-of-shiseido/html/exhibition.htm
| etc | comments(3) |
拝啓
皆様ごぶさたしております。
社会の荒波に揉まれ毎日ヒィヒィと豚のように喘いでいる北関東在住どMの23歳独身男性です。

いや別にね、ブログに飽きたって訳じゃありません。
夜道で知らないおばさんに突然背後から凍ったバナナで殴られて入院してたとか、幼女にイタズラしてお勤めに出ていたとか、初恋の人をストーキングするので忙しくて時間が無いとか、夢の超人タッグマッチでサンシャインの地獄のローラーに巻き込まれて「オラの右手がしんじまっただー」とか、そんなことは全く無く、元気に暮らしておりますのでご心配なさらぬよう。

とにかく今僕は自宅でインターネットが出来ない状況でございまして、それはこの先当分続くであろうことが予想され、今後もなかなか更新が出来ない日々が続くと思いますが、ここを暇つぶしにでも楽しみに覗いてくださっている方々、まぁハナクソ食ったり、オナニーしたり、一人でディズニーランドに行ったりしながら気長にお待ちしていただけるとこれ幸い。
それでは、また何かあったらエントリー致しますんで、今後ともよろしくどうぞ。

んじゃ

サワムラ(フロム漫画喫茶)
| etc | comments(5) |
RUBIK CUBISM

世界中をインベーダーで侵略中のタイルTAGアーティストspace-invaders氏によるルービックキューブでアートなエキシビジョン。
ロサンゼルスのSIXSPACEで開催中。

RUBIK CUBISM
| etc | comments(0) |
ラブレター・フロム・ヴェトナム


先月、ヴェトナムへと旅立った我が友人ジェイ・ユー・エヌ・ロック(a.k.a.イケポンチャイ)先生が写真を送ってくれた。
ポンチャイ先生は「単にヴェトナムの風景がフォトジェニックなだけさ」なんて言うけれど、先生が切り取った風景はどれも皆グッとくるよな素敵なランドスケープ。
ああ、良い写真だぜ。
ポンチャイ先生の表情もたくましく(?)汗ばんだ感じで、とてもヴェトナムの風景に馴染んで見えて、今更ながら、あぁホントにヴェトナムに行きやがったんだなぁと、
なんだか寂しいようなうらやましいような不思議な気持ちになった次第。

実は僕も明日から1週間カナダに行って参ります。
可能であれば、ここへ、ラブレター・フロム・カナダ。
| etc | comments(0) |
ハチドリルat 20000000000000000000V
ハチドリルの初ライブ、無事(と言っておく)終わりました。
来てくださった皆さんホントにありがとうございました。
僕ら(というか全体的に僕)は尋常じゃないほどにガッチガチに緊張して、演奏をミスったり、気持ち悪くひきつった顔を晒してみたり、非常に情けないもんをお見せしてしまったかもしれませんが、とても楽しいライブだったと(自分で言うのはおかしいかもしんねえですが)思います。
ホントにありがとうございました。

体調悪いなか2次会まで参加してくれたタカ橋君、久しぶりに見れたそのナイスなタカ橋スマイルで、俺ぁだいぶリラックスできました。ありがとう。
無駄にテンパり続けた僕らを優しい笑顔でサポートしてくれたBang-choさん。僕はあなたみたいなでっかくて優しい男になりたい。ありがとう。
初対面だったけど、2次会で聴けたあなたのかっちょええ歌声にはシビレました。心優しきリアルスナフキン、ミナガワくんありがとう。
練習にも度々顔を出してくれたGちゃん、愛すべきプリティガールかすみちゃん、就職活動大変な時期なのに来てくれてありがとう。じゅんとの腕相撲バトルは盛り上がったぜ。じゅん曰く「これで1−1だから、次に決着つけるまで鍛えとけよ」とのこと。お前らはやっぱりすんげえ素敵な腐れ縁。
君らが前の方でニコニコしてくれてたおかげで、とても心強かったです、マイケル、イトキン、いつも僕らのミョーチクリンな活動に付き合ってくれてありがとう。まったくナイスなガール達だぜ。
次の日仕事で大変なのに、雨の中自転車で駆けつけてくれたアカさん、忙しいなか仕事の合間に時間作ってまできてくれたエミちゃん。
やっぱり君らは僕のとても大切な仲間です。その場にいてくれるだけで、すんげえ安心感。頼りになるぜ。ありがとう。

それからわが愛しきメンバーたちよ。

僕らの素敵でキュートなリーダーコロちゃん。
僕はいつだってあなたの素敵な呼びかけのおかげで、とても素晴らしい体験してるんです。一生ついていきます。まだ僕の知らない素敵なとこへ連れてってください。ありがとう。ベースを持った立ち姿、ベリィ・ナイス、ベリィ・ナイス。
ハチドリルのギターそして動き担当ソクラ君。あなたのエレクトリックギタープレイは、バッキバキにキマってるんだぜ。初めて言うけどいつも横目でチラ見してました。このバンドがきっかけであなたと知り合うことができたのだけど、僕にとっちゃそれがこのハチドリルでの一番嬉しいことだったかもしんねえですよ。ありがとう。2次会での“サマーソルジャー”、泣くかと思った。
カズーの天才、たろう。もう、おみゃーに全部もってかれたぜ。あんたが主役。黄色い歓声全部独り占めだもん。いいなぁ。最初は正直どうなることかとおもったのだけど、結局はたろうちゃんがカッチリ締めてくれたよな。ありがとう。マイクの音が割れちゃうくらいのバカデカい声と変態ダンスにもっと磨きかけて、もっとキャーキャー言われちゃおうぜ。
それから、今日ベトナムに旅立ったピュアロックじゅん先生。デカイのか小さいのかピュアなのか鬼畜なのかよく分からんその言動とは裏腹に、真っ直ぐなそのリズムは何だかんだで頼りになるのな。思えば、いつも俺がライブの時にビビってヘタレて振り返ると、そこで先生が笑ってたなぁ。次にライブやる時もさ、きっと俺ぁテンパって後ろ向いちゃうからさ、そしたらそこで笑っててくれよなぁ。ホント、先生のおかげで東京でも宇都宮でも色んな楽しいこと経験できたよ。ありがとう。ベトナム、色々と大変だと思うけどさ、思いっきり楽しんで来い。頑張れとかしっかりやれよとかは言わんから、ホント、楽しんで来い。ノォロォイ。

いやはや、まったくいいバンドでしたよ。
ってかいいバンドだよ。そうだよ。まだまだ続けんだよ。ずっと。
| etc | comments(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE