スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
ANIMECELS.NET


ジャパニーズアニメ大好きな異人さんが収集したセル画がたくさん。
背景やら文脈やらから切り取られて、フワフワと浮遊するキャラ達の姿は、どっか不安定&頼りなさげで、それでいて、めちゃくちゃキュート。
愛らしいったらありゃしねえ。

Animecels.net
| web | comments(0) |
DoubleCheck Your Head


以前紹介したJAYDIOHEAD(Jay-z×Radioheadのmash up)の作者Max Tannnoneさんより先日メールをいただきました。
ほんやくコンニャクのうえ、要約すると以下のような内容。
「よお、おいらMaxってんだ。ホラ、あんたJAYDIOHEADに興味もってくれたんべ?そんでよ、お願いがあんだけんどよ。おいら、今さっき新しいプロジェクトを完成させちゃったもんだからよ、おめえんとこのブログで紹介して欲しいんだよ。ホラ、あのBeastieBoysの"Check Your Head"ってアルバムがあんべよ。あれ、俺大好きでよお、そんでよ、最近再発されたんべ?それを応援するつもりでよ、ビースティをビースティでマッシュアップしちまうってコンセプトでよ、"DoubleCheck Your Head"っつうのをよお、作ってみたのよ。したっけよ、ビースティのオフィシャルサイトでもちょこっと取り上げてもらっちゃってよお。だもんでよ、おめえもきっと気に入ると思うからよ、ま、ひとつ何とか頼むからよ。ほんじゃ、バイビー!!」
と、こんな栃木弁丸出しで頼まれたら(俺の脳内翻訳)断れるわけが無い!!!!
というわけで、律儀にご紹介。
Beastie Boys - DoubleCheck Your Head

| music | comments(0) |
Rare Drops


Jazz/Funk/SoulをモチーフにしたデザインT−シャツのオンラインショップRareDrops
良い顔したT−シャツがたくさんあるもんだから、思わず注文しちゃった俺です。

Rare Drops
| etc | comments(0) |
Daniel Johnston on Flickr


ダニエル・ジョンストンのドローイングがたくさん観れます。
俺、やっぱ、めちゃくちゃ好きです、この人。

Daniel Johnston on Flickr
| web | comments(0) |
40年前のAbbeyRoad撮影風景


いわずと知れたビートルズ最後のアルバム「Abbey Road」のジャケ撮影風景。
事実、空中分解中であったであろうビートルズ師匠ですが、皆さん意外とマッタリに見えます。
でも実際に現場の空気は殺伐としてたんだろか?
いずれにせよ、40年も前なのに、みんな全然カッコイイなあ。

Link
| web | comments(0) |
涼風真世さんのブログが著しくミニマルな件について


→涼風真世ブログWell Come To MAYO

それから、一時騒がれた著しくアナザーディメンションな西村知美さんのブログはコチラ。
西村知美オフィシャルブログ「ブログってなんですか?」

芸能人も疲れるよなあ。
| web | comments(0) |
ロックの魂って知ってるか?

テクニックじゃない。叫びさ。
自由や愛や友情への熱い心からの叫び・・・。
久しぶりに聴いたよ。
本物のロックをね・・・。
| web | comments(0) |
DJフンダリーfeat.MCケッタリー


あのー、「踏んだり蹴ったり」っていうじゃないですか、なんつうかもうひど過ぎて、笑けてしまうよな状態?あれって、厳密に言えば「踏まれたり蹴られたり」なんじゃねえの?なんてことを考えながらポッキー食いつつ、ぼんやりキーボード叩いてる俺は、ようやく回復の兆しをみせているワケですが、昨日のことを思い出すたびに、舐め始めたばかりの飴を間違って飲み込んでしまった時のよな、薄気味悪く不気味な感覚に襲われたりしておる状態なのです。

というのも、昨日はホント、脂身たっぷりのステーキに大量のホイップクリームがのっけられたよな災難が連発し、俺の自律神経はゴリゴリと削りとられた次第でございまして、ってまあ要するに事故を起こしてしまったんですね。

幸い、相手は無傷だったので、本当に、心の底から本当に良かったと胸を撫で下ろしていると同時に、自分の不注意に深く反省しているのですが、いつまでたっても事故の瞬間に見えた風景_フロントガラス越しに見えた相手の驚きと恐怖の入り混じった表情_が頭から離れなくて、大袈裟かもしれないけど、一歩間違えてたら、ブレーキを踏むのがあと何秒か遅れてたら、俺、殺人者じゃねえかと。
全身から汗が吹き出して、血の気がサーっと引くような、あの感覚はもう二度と味わいたくない恐ろしいもんでした。
相手の方も怪我は無く、非常に冷静な方だったので感情的になることなく、落ち着いて話し合うことが出来、納得していただけるような形で話し合いはまとまったのですが、それ以降、まったく集中力というか、思考がぶっ散らかった状態で、仕事に戻っても、フワフワフワフワ全然頭が回らん状態。

そんなこんなで夜、何とか最後の仕事を終え、ホッと一息、さあ帰ろうと車を発車させた瞬間、バチン!という激しい音。
「え!?今度は何よ?」と慌てて車を降りて車の周りを見渡すと、そこには粉々になったMy携帯電話。
身体はパックリ二つに割れ、内臓は飛び出し、ぐったりとアスファルトの上に横たわる相棒。
「長い間、世話になったな」と別れの言葉を掛けることも出来ぬまま、事切れた相棒の亡骸を拾い集め、慟哭する俺。
おそらく、車に乗り込む際に上着のポケットから落下したんじゃねえかと思うのだけど、その時の俺といったら、頭フワフワの抜け殻状態だったもんで、その落下音に気づかなかったワケで。

一縷の望みを賭け、今日、その亡骸を両手に抱え、携帯ショップに行ったのだけど、カウンターのお姉さんは困ったような笑顔で「残念ですが・・」と一言。

あの、時々携帯を水没させる人とかいるじゃないですか?んで、「すごく悲しい」とか「もうショック!」とか、騒いでいる人と話をするたび、「そりゃ災難でしたね」なんて同情するような顔してたんだけど、内心では、そんな言うほどたいした問題じゃねえだろと、そりゃ悲しいし、ショックだろうけどさ、なんつうか、程度で言えばさ、インスタントの焼きそばを湯切りしようとしたら、フタ開いて麺が全部流しに落っこっちゃったぐらいのもんでしょ?なんて思っていたワケだけど、実際さ、自分の携帯がさ、再起不能になっちゃうとさ、もの凄く悲しかったりするんですね。俺ナメてたこの悲しみ。
なんつうか、まあ、考えると非常に女々しいのだけど、携帯のメモリーにはさ、日常的に会うことは無いけれど、何年かに一度会うような旧友だったり、かつてある一時期に交流を持っていた(そんでもっていつかまた時間を経てもう一度会ってみたいと思ってたような)人だったり、そんな何となく連絡を取らないまま疎遠になってしまった人達がいて、そんな人達とのつながりがもう消えて無くなっちゃうんだなあなんて考えると、焼きそばの湯切りなんて比じゃないワケですよ。

「意外とキツイっすねえ・・・。」と無意識に出てしまった言葉を、困ったような、でも、優しい笑顔で受け止めてくれたドコモのお姉さん、ホントにサンキュウ。おかげで諦めがつきました。
※と言う訳で、こちらを御覧の友人知人の方々、僕のメモリーは空っぽです。皆さんの愛の沢山詰まったご連絡で、僕のメモリーを満たして下されば光栄です。よろしく、勇気!!

でもね、なんだろな、あのー、こんなね、災難がさ、1日に2回も起きたらね、そりゃ一人っ子で且つおばあちゃん子のリアルB-BOY(ボンヤリ−ボーイ)の俺だってね、ガックリ来るワケですよ。ほんでショボーンってね。

例えば、金曜の夜かなんかでさ、がっぽり酒飲んで、今日は踊っちゃうぞーなんつって、クラブ行ったは良いものの、フンダリーとか言うDJが全然踊れないチンカスリズムをズンズン鳴らしておってさ、それ聴いてたらぐるんぐるんに悪酔いしちゃってさ、そしたらそいつだけだって、タチ悪いのに、そこに「今日はゲストが来てるぜ」なんつってMCケッタリーとかいう得体の知れない野郎がピョンピョン跳ねてステージ脇から出てくるわけ。そんでもって「YO YO YO やってきたぜ〜」ってタオルくるくる回してさ、「ラッキーでハッピーなおまいらに俺のライムをお届け〜YOYOYO〜」なんつって。
そんなん全然踊れるワケなくて、俺は飲みすぎたかなあなんて言いながら、トイレ駆け込んでオロロロロンってゲロ吐いたりして。
EXILEとGLAYがボーボー燃えてる炎の中からカッコつけて歩いてくるぐらい俺には対処不能なフュ−チャリングで。

あ、でもそれって結局はさ、がっつり酔って、イベント確認せずに、出向いた俺の注意不足が原因じゃねえか?
なんだそうか、今気づいた。
事故起こしたのも、携帯轢いてぶっ壊したのも、全部俺の注意不足じゃねえか。自業自得じゃねえか。
フンダリーもケッタリーも、俺じゃねえかYO。
| etc | comments(0) |
装丁ソーヤング

個人的にツボにググっときた装丁の本を並べております。
かねてより、気に入ったチラシやら写真やら広告やらを切り抜いちゃ収集するという習性を持つ私なので、先月ぐらいからWEB上のスクラップブック代わりにTumblrを使っておったのですが(ココ→FROQ)、これがなかなかどうして、簡単・気軽かつ面白く、面倒臭がりの俺でさえチョチョイと更新できちゃうもんだから、ブログの更新そっちのけでカチカチ毎日いじくり倒していたわけですが、雑多なスクラップ帳も面白いけど、何かひとつテーマというか括りをつけてなんかしらやってみたらそりゃあそれで面白いのではないかしらんと、ひとり脳内会議を勃発、構想3秒、制作5分で完成したのがこれ。
面構えの良いイケメン本を、ざーっと並べて眺めたいという自らのフェチ望(フェチ+欲望)を叶える為だけに運営して参ります。
(本の中身に関しては全く持って関知いたしませんのであしからず。)
オススメのイケメン本があれば、ぜひ教えてくださいまし。

装丁ソーヤング
| web | comments(0) |
夏色スローモション


自慢できないTシャツ屋「まめた本舗」さんの最高にダサいTシャツ“夏色スローモーション”
めっちゃほしい。正直、俺、着こなす自信があります。

ってか全然関係ないけれど、今日職場の女性に突然「釣りキチ三平のようですね」と言われました。
真意は分からぬが、最高の褒め言葉と解釈しております。
| etc | comments(3) |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE