<< K-BONG / MOSCOW DUB | main | ヘンリー・ダーガー展 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
サッカーが下手なんだ。
オレもサッカー「海外組」になるんだ!!!
オレもサッカー「海外組」になるんだ!!!
吉崎 エイジーニョ

僕はサッカーが死ぬほど好きで、スタジアムで飲むビールや、似合ってないピタピタのユニフォームを着て大声でわめくおっさんや、そんなフットボールにまつわるエトセトラが大好きで、サッカーの選手だってたくさん知ってるし、普段は人見知りでも、サッカーに関する話だったら初対面の人とだって何時間も話しが出来るんだぜこの野郎。
だけど、悲しいかな、サッカーが死ぬほど好きな俺は、サッカーが死ぬほど下手糞で、ボールだって上手に蹴れない。
中学のときに所属してたサッカー部でも、顧問の先生にずっと「落合!」と呼ばれ続けたぐらい、俺には存在感がなかった。先生、10年経って言うけど、俺、サワムラだよ。

そう、俺はサッカーが死ぬほど好きなのに、サッカーが死ぬほど下手糞なことがずっとコンプレックスだったんです。(いや、今もそうなんだけど・・。)
だからこそ、中学でサッカー部を辞めて以来、サッカーなんて、スポーツなんてダッサイぜ、体育会系は皆殺しだ!ロックだ!ロックンロールが俺の青春だー!と音楽方向へ無茶なシフトチェンジを図ったのは、今思えば、サッカーが下手糞だということへのコンプレックスだったのかもしんない。(しかし、そのチンチクリンな企みは見事に失敗し、その後鬱々とした暗黒の青春時代を送るハメになるのだが、それはまた別の話。)

そんなこんなで今じゃ20代半ばのいいおっさんと化した俺は、もうボールも上手く扱えません。こんな風になって振り返ると、もっとサッカーをプレイしておけば良かったかなとも思う。若き青春の日々に、もっとボールを追い、汗をかき、さわやかに過ごしておけば良かったかななんて。(その方がモテたかな?とか。)

この本の著者である吉崎エイジーニョ氏は、フリーのスポーツジャーナリスト。
30代を過ぎ、やっと手に入れたジャーナリストの仕事に対する情熱も何だか下降気味、彼女にも振られ、カフェイン中毒で夜もあまり眠れない。「俺ぁダメだ」とホームにしゃがみこむ31歳、自称「負け組」。
この本は、そんな彼が一念発起、「ボロボロの東京生活」を捨て、「海外移籍宣言」。ドイツの下部リーグに“サッカー選手”として挑戦するというノンフィクション。

吉崎氏が挑戦するドイツリーグは、高原が活躍する1部ブンデスリーガを頂点として、ピラミッド型に下部リーグ11部まで(地域によってはその下も!)存在する。要するに下部の下部になってくると、若者やおっさん達の草サッカー。ただし、各リーグは1部のブンデスリーガとほぼ変わらないスケジュールで行われ、選手登録や移籍など、本格的な管理・運営が行われているワケです。そんでもって、各リーグ1位になれば上位のリーグに昇格が可能。つまり、単純に考えれば、どんな下部リーグに所属するチームも、リーグ優勝を重ねていけば、ブンデスリーガにたどり着ける形式になっとるわけです。
また下部リーグのどんな小っちゃなクラブチームにもクラブハウスやユースチームが存在し、何十年も同じチームでプレイするおっさんプレイヤーがいたり、ご近所チーム同士の試合では「ダービー」も盛り上がる模様。うらやましい。
そんな日本じゃ考えられんくらいサッカーが根ざした恵まれた環境の中、吉崎氏の「海外組」としての挑戦が描かれていくわけですが、どんなに下手糞でも、いかに草サッカーライクな下部リーグであろうとも、「海外組」としての困難さ_言葉の壁・慣れない生活・食事・監督との確執など_がとてもリアルに描かれていて、状況は多少違えど、あの俊介や高原なんかもこうした苦労を乗り越えてきたんやねえなどと、勝手にしみじみしたり、
また、サッカーを楽しみながらも、同時に真剣勝負で挑む選手たちのサッカーやチームへの想い・関わり方が、とても魅力的で、あぁ〜良いなぁ、非常に良いなぁと。
どんなに下手糞でも、サッカーが好きな者は皆選手としてプレイし、移籍したり怪我したりしながら、リーグを戦う。著者も書いていたけれど、そんな人たちがみなサッカーを観るワケだから、そりゃ目が肥えてるよね、レベルも上がるよねと。

「うっは、俺ダメじゃん」としゃがみこんでいた30代男の挑戦、サッカーが根ざしたドイツの環境の素晴らしさ、そしてサッカーに関わる人々の楽しそうな姿。
僕はこの本を読みながら、いろんなことを考えたけれど、とにかく言いたいのは、サッカーが好きな人、とりわけサッカーが好きだけど下手糞な人にはぜひ読んでほしい1冊だぞこれはということ。
それから、この本を読んでたら、俺もまたボールを蹴ってみたくなっちゃったということ。

面白いです。
ぜひぜひ読むべし。
| book | comments(4) |
スポンサーサイト
| - | - |
コメント
読みたくなりました。
| ngkrtks | 2007/04/25 2:13 AM |
今度やるしかない!
ってか、やりましょ♪♪
| イイムラ | 2007/04/25 7:27 PM |
3分しかもたない俺でよければ誘ってくれ・・ゲフンゲフン
| ジャンポール・オジュン | 2007/04/25 9:36 PM |
>ngkrtksさん
 ごぶさたしてます!
 これ、ホント面白かったです。機会があれば是非読んでみてください。
 
>イイムラくん&オジュン先生
 コメントありがとう!ウイイレだけじゃなく、今度はまったりボールでも蹴りにいきましょう。
 先日、ボール買っちゃいましたから。次回、存分にあるよ。 
 
| サ | 2007/04/26 11:26 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pukeandcry.jugem.cc/trackback/346
トラックバック
激白!「海外組」吉崎エイジーニョが語る、ドイツクライスリーガの凄み そして、ベトナムへの譲れない想い
 みなさん  こんにちわフットボール道場スタッフです。  突然ですが、Numberで連載中の「突撃エイジーニョ」というコラムで展開されていた、ドイツワールドカップ先乗り企画をご存知でしょうか?  ジーコが寵愛した”海外組”に入るべく、2005年に、ドイツに渡
| フットボール道場blog by ヨココム | 2007/06/05 10:15 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE