スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
無題

(チラシの裏→PCで加工)

ごぶさたぶりに復帰。
家族が入院したり(先日無事退院しました。)、親戚のおじさんが亡くなったり、とうていブログ書いてる状態じゃなかったもんで(プラス、マイ筆不精)、更新遅れました。

先日亡くなったおじさんは、お酒が大好きなとても豪快な人だったけど、内心とても気を使う人で、遊びに行くたびにいつも笑顔でガハハと迎えてくれる優しい人でした。そんな温かい人柄もあってか、通夜や葬儀には何百人もの人が集まり、会場から溢れんばかりで、あんなに行列の途切れない焼香は今まで見たことが無く、俺はそれを見て、激しく泣きだしてしまい、と同時に、自分がもし死んだらこれだけの人が集まってくれるだろうかと、イヤ無理でしょうなと、そんなことを考えていた。

それから、2歳になるおじさんの孫(つまり僕の従姉の子)は、フラフラヨロヨロチョロチョロしながら大好きなウルトラマンのポーズを何度も何度も繰り返し、おじさんを彼ながらに見送っていた(のだと思うよ、俺は)が、そんな彼は、どれくらいおじいちゃん(つまり僕のおじさん)のことを覚えていられるのだろうかと。そんでもって、俺が死んだらどれくらいの人がどれくらい覚えていてくれるんだろかなんて。民生じゃないけれど、人間は死ぬまでにどれだけ自分のこと他人のこと覚えていれるのでしょうとかね。

中学生ぐらいのころ、俺は自意識過剰の嫌なクソガキだったので、ジョン・レノンみたいに世界中の人の記憶に生き続けるような特別な存在になりてえなと、俺ぁなるぜとツルツルの脳ミソで気味の悪い妄想をしつつ、普通に働いて普通に家庭を持ってジジイになって病気で死ぬ、そんな退屈なパンピー人生は御免だねなどとベビースター(チキン味)を喰らいながらツバ吐いていたワケですが、今になって考えてみると、結婚して家庭を持ち、家族のために一生懸命働き、子供を育て、子供が巣立ち、孫が産まれ、そんなありきたりな人生こそがもの凄く格好のよろしいことで、尚且つそれはとてつもなくすげえことなんじゃねえかと思うのです。
爐△蠅たり”なんて書いたけれど、ありきたりな人生なんてものは本当は無くて、一見ありきたりに見えるその人生にはその人なりの波乱万丈があり、喜びや悲しみや辛さがあって、そういったもんを乗り越えてひっくるめて、ジジイになって孫可愛がって、家族に看取られて死んでいく、そんなありきたりな人生ってなんてパンクなんだ!うわー!!とか。意味わかんねえけど。

いや、別に今回オチなど無いですよ。ただ、思ったことを、忘れないように。
とにかく、おじさん、長い間可愛がってくれてありがとうございましたと。
これに尽きる。
| 落書き | comments(1) |
無題

(ノート→PCで加工)
| 落書き | comments(0) |
グレープフルーツちょうだい

(チラシの裏→PCで加工)

俺は今、ぶん詰まっている。煮詰まって、行き止まっている。
夏が暑いとか、スーツがうざいとか、俺が痛いとか、そんな当たり前の事象から始まって、もっとこうなんか複雑なことまでまるっと含めて総合的にどんづまっている訳で。
何と言うかこう、要するにモチベーションの問題だと思うのだけど、このところ、全くもってやる気が起きん。そんでもって非常に不安だ。
このところ、皆さんがこう鼻歌でも歌いながらシュラシュシュシュ〜とこなしておられる(ように見える)“日々の暮らし”“日常生活”というものが、実際問題俺にとっては、めちゃくちゃ高いハードルに感じられ、何と言うか、人として、というかもう動物的に、アニマルに、俺は駄目だなと。使い物にならねえんじゃねえかと。
こんなことばかり考えているのは、どう前向きに検討しても、精神衛生上良い訳が無いのだけど、「だって、だってだってなんだもん」てな具合に頭の中がモジャモジャな毎日。
モジャデイズ。
話は少しズレるが、僕には今、これからちょっといい感じになりたい(と勝手に思っている)娘さんがおり(彼女は、少女時代、自分で釣ってきたザリガニを対決させるという非常にハイレベルな遊戯に耽っていたとてもキュートな娘さんであり、そのエピソードを聞いた瞬間僕は恋に落ちた訳であるが)、友人との戦略会議の結果、次回面談の際に、「夜のお外のおベンチ作戦(社外秘)」を決行する予定なのだが、いかんせんこんな生物学的にオス的にぴっぴろぴーな状態では、絶対に上手くいくはずが無い。これは問題だ。非常に問題だ。うーむ。
まぁ、こんなことはですね、チラシの裏にでも書いとけと、そんでもってケツ拭いて、紙ヒコーキ作って空にでも投げてれば良いのだろうけど、なんか今日はあまりにもモジャモジャしたので、思いつくままにツラツラと。でもねこれはね、ジャック・ケルアックと同じ手法でね、意識による言葉の検閲を避け無意識を掘り起こそうとするビートの方法でね。とかね、こういうのがね、もう、うわぁと。
きっと疲れてるだけよね。そうよ、そうよ。
とにかくもう今日はビール飲んで、ハイスクール奇面組読んで寝る。
(次回からはちゃんとします。)
| 落書き | comments(0) |
前回までのあらすじ

(PCで作成)

社会人二年目を迎え、肩まで伸びた鼻毛をフサフサと揺らし、悠々自適なリーマンライフを(勝手に)送る予定のサワモラであったが、その「出来るだけ楽して暮らしたい」というフザけた考え(もしくはそのイラつく鼻毛)に対し資本主義の神様(六本木ヒルズ在住)は激怒、完全にナメ切ったサワモラに対しインターネット不通という試練を課す。
レッチリの新譜やW杯やジダンの頭突きについてブログに書きたくても書けないもどかしさは、毎夜インターネットへ逃避することで何とか日常を生き抜いていた(キモい)サワモラにとっては想像を絶する過酷な試練であった。
しかしそんな過酷な日々を、幼少のころから鍛えた妄想力を爆発させ、毎晩他のモノをカクことで乗り越えたサワモラは、見違えるほどの下衆さを手にし、自分でも信じられないほどの(うざい)パワーを手に入れたのだった。
ようやく試練を乗り越え、インターネットの世界へと復帰したサワモラは、資本主義の神に対し復讐を誓い、(鼻毛を揺らし)六本木ヒルズを目指すのであった。(15点)
| 落書き | comments(2) |

| 落書き | comments(0) |
TVGAMER

ノート→携帯→PC。
| 落書き | comments(0) |


落書きノート→携帯→PCで加工。ちゅうちゅう。
| 落書き | comments(0) |
*****

落書きと、インターネットで拾った画像とでごちゃごちゃと。
| 落書き | comments(3) |
無題

昔ペイントで描いたものを若干修正。
| 落書き | comments(0) |
怪物

ノートに色鉛筆。
| 落書き | comments(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE