スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
OGRE YOU ASSHOLE / フォグランプ
齢27にして、飲酒という行為のみが唯一の娯楽になってきておる今日この頃。
今年の夏ごろから、「“明日は仕事だから”という逃げ道はすべて封鎖じゃ、おんどれコラ!」をモットーに、平日でも夜の帳へフラフラと誘い込まれては、居酒屋なんかで焼酎片手に友人と管巻いておるワケで、酔いが回ってくると、昔は良かったなんて、それこそ場末の飲み屋のダメ親父のようにロマンの欠片も無いようなくだらん話題に突入していくのだけど、そんな時によく話すのが、ここ最近の悲しいくらいの感受性の欠如であり。

そりゃあ触れるもののほとんどが未体験ゾーンだった10代のころとは、比べることも阿呆くさいんだけれど、ホントにここ数年、レコード屋さんや本屋さんに行っても、自分が知ってる領域をサラっと眺めただけで、「今日も収穫なしか・・・」なんて、オヤジくさいため息をついたりしてる自分が、どうにもこうにも気に食わんワケですよ。かと言って、未体験ゾーンへと自ら飛び込むことも何だか面倒になっている自分がいたりして、いやーいかんな、こりゃいかんと。

よく飲みに行く友人のUさん_ちなみに彼は私の高校・大学時代を共に過ごした友人であり、且つ、彼と私の2名だけで構成される“eastern youthを歌う会”の会長である。酔うと必ず2人でeastern youthの名曲ベスト3についてのあてどない議論が繰り広げられる_とこないだ話をしたのだけれど、我々は酔いが回ると店員さんを捕まえては「eastern youthって知ってますか?」と、「日本で最高に燃え滾っているバンドを知っていますか?」と熱く問うのが通例になっているわけですが、若い店員のボーイズ・エン・ガールズから返ってくる反応は皆一様に、「はぁ」という懇親の営業スマイル(苦笑)という事態であり、ましてや、ガールズにいたっては困惑や無関心を超えた若干の嫌悪が見て取れるときたもんだ!これは由々しき事態である!と鼻息荒く憤るわけですが(いかんせん酔っているので、その嫌悪はイースタンユースではなく我々に向けられたものであるということに気づかない)、そこで気づいたワケです、「もしかして、我々は、”若人を捕まえては、余りある筋肉で脅しを掛け、その素晴らしさを説いて回るというあの恐ろしき強烈な長渕ファンの親父”と同じ括りで、カテゴライズされつつあるのでは!?」と。(完全に表現に語弊がありますが、面白さだけを頼りに書いておるので勘弁してください。)
そこで、今度は逆に問うてみるワケです。若人に。「君の好きなバンドは何かね?」と。
するとどうでしょう!「あ〜、最近割と聴いてるのは●●とか、△△とかですかね」って、気づけば今度は我々自身が懇親の営業スマイルになっておるわけですよ!「へ〜、なるほどね〜」なんて体裁を整えつつ、内心、「今のは日本語か?」と、「彼は今日本語で話したのか?」と、頭のあちこちで、小さなパニックが、ストライキが、デモ行進が起こっとるワケです。
いや〜いかん、こりゃ、マジで、いかんと。

こうなりゃ片っ端から、最近のバンドを聴き漁ってやろうじゃないかい!と(レコードを買い漁る金銭的余裕はねえので)Youtubeなんかで視聴しまくったワケですが(ホント、良い時代になった)、色々見て聴いて回った結論からいうと、ダメ、全然ピンと来ない!全然エレクトせえへん!
俺が見て回った箇所がおかしいんかもしらんけど、何と言うか、共通項というか、そういうもんが見出せんのです。もうこりゃ完全にヤバイと、若人相手にフランクに且つ共通の話題で盛り上がれるワンランク上のおっさんを目指す俺としては、この先のライフプランにまで影響が出そうな危機が眼前に迫っておった最中、颯爽と現れ、荒れ狂う大波から救ってくれたのが、OGRE YOU ASSHOLE!(あ〜、長い前置きでした。)

数々の音源&映像にもずっとED(ペレ)状態だった僕のジョニーが鬼神の如くフルBOKKIした彼らのメジャーファーストアルバムが↑

built to spillっぽい(ぽくね?)ギター2本が絡み合って妙に耳に残るフレーズ、タイトなリズム隊、フニャッフニャのボーカルが独特の世界観で絡み付いてくるような音は、羨ましいぐらいのオリジナリティーで、ぐにゃりぐにゃりと自然に俺の身体を揺らすもんだから、気づいたら俺は久々に未体験ゾーンに発射しちまっており、タッハー!!気持ちええええええ!!なんつって。(この辺の表現にもうオヤジ化の兆候は色濃く現れているわけですが、俺はじっと目を瞑っているので分かりません。)

なんつうか、可愛らしくて、優しくて、でもちょっと不気味で、且つちょっと教訓めいてたり、小っちゃい頃に読んだ懐かしい絵本みたいな、そんなアルバム。

楽しいときや嬉しいとき、つらいときや悲しいとき、それぞれぴったんこな音楽があって、そのぴったんこを選んで聴いたりするわけだけれど、どんなときでもぴったんこな音楽ってあんまり多くなくて。でも、僕にとってOGRE YOU ASSHOLEはいつでもぴったんこ。

ここんとこ毎日聴いてるよ。救ってくれてありがとう!



追伸:このエントリーをUPした翌日、友人のHから電話があり、「アレ、お前が紹介してたアヌスとか何とかって言うバンド、そんなに良いの?」と言われたのですが、それが、ここ最近の僕の最高にヒットな出来事だったのは言うまでもありません。
| music | comments(0) |
DoubleCheck Your Head


以前紹介したJAYDIOHEAD(Jay-z×Radioheadのmash up)の作者Max Tannnoneさんより先日メールをいただきました。
ほんやくコンニャクのうえ、要約すると以下のような内容。
「よお、おいらMaxってんだ。ホラ、あんたJAYDIOHEADに興味もってくれたんべ?そんでよ、お願いがあんだけんどよ。おいら、今さっき新しいプロジェクトを完成させちゃったもんだからよ、おめえんとこのブログで紹介して欲しいんだよ。ホラ、あのBeastieBoysの"Check Your Head"ってアルバムがあんべよ。あれ、俺大好きでよお、そんでよ、最近再発されたんべ?それを応援するつもりでよ、ビースティをビースティでマッシュアップしちまうってコンセプトでよ、"DoubleCheck Your Head"っつうのをよお、作ってみたのよ。したっけよ、ビースティのオフィシャルサイトでもちょこっと取り上げてもらっちゃってよお。だもんでよ、おめえもきっと気に入ると思うからよ、ま、ひとつ何とか頼むからよ。ほんじゃ、バイビー!!」
と、こんな栃木弁丸出しで頼まれたら(俺の脳内翻訳)断れるわけが無い!!!!
というわけで、律儀にご紹介。
Beastie Boys - DoubleCheck Your Head

| music | comments(0) |
JAYDIOHEAD


Jay-Z×Radioheadのmashup
そういや何年か前に、DangerMouseのJay-z×Beatles、"GrayAlbum"ってのも話題になったっすよねえ。

Jaydiohead
Jaydiohead_the Encore

※合わせて以前紹介したこれとかこれもどうぞ。
| music | comments(0) |
neco眠る / Even Kick Soysauce

neco眠るの新しいミニアルバム“Even Kick Soysauce”がめちゃくちゃ良い。

二階堂和美ちゃんをゲストボーカルに迎えた1曲目の“猫がニャ〜て、犬がワンッ!”から始まって、
終始、楽しく伸びやかなneco節が炸裂しまくっており、仕事中、営業車のプレイヤーで初めて聴いたファッキンサラリー糞マンの俺は、
今直ぐに車を飛び出して、スーツ脱ぎ捨て、全裸になって、ふにゃふにゃと踊りながらビールをかっ喰らい、
そんでもって「やったー今日から夏休みだー」と叫びまわりたい、そんな衝動を抑えるのに必死な俺でしたが、そんぐらい。そんぐらい良いです。

去年ファーストアルバムの“engawa boys pentatonic punk”を初めて聴いたときに、
こりゃまるでBoredoms×SAKEROCK×Yoonkieぢゃねえか!と一人鼻息荒くコーフンしたのを覚えておりますが、
先日、youtubeにて“ENGAWA DE DANCEHALL”のPVを見つけ、めちゃくちゃ素晴らしいと感動しましたので、
↓に貼っ付けて、ご挨拶と代えさせていただきまあああああライブ行きてえええええなあああ。



| music | comments(0) |
BECK "RECORD CLUB"

Beck先生が新プロジェクトをネットで公開中。
過去の名アルバムを、リハ無しでレコーディングするというもの。毎週1曲ずつ公開とのこと。
第一弾はヴェルヴェッツの1st "Velvet Underground & Nico"
Beck.com
| music | comments(0) |
世界でいちばんダサいBorn Slippy

奇跡。

(破壊力充分の)元ネタはコチラ→しょし
| music | comments(0) |
Akron/Family / Set'Em Wild, Set'Em Free


フリフリさんとこで知ったAkron/Family“Set'Em Wild, Set'Em Free”がめちゃくちゃかっこ良い。
正直今まで、このバンドのことを全然知らんかったんですが、ファンクでフォークでノイズでサイケで、ソウルフルな音楽のごった煮感がたまらなく気持ええです。
The Bandみたいな土臭さとか、Sly & the Family Stoneのブリブリ感とか、Gratefuldead〜phishのジャム・インプロ的なグルーブ感とか、
もう60年代以降のアメリカ的なかっちょええ音楽を、全部鍋でぐちゃぐちゃに煮詰めたよなすんごいアルバム。
今月の初来日ライブもめちゃくちゃ盛り上がったようで(ココとかココ参照)、羨ましい限りです。

とにかく↓のEveryone is Guilty という曲は、今んとこ僕の2009年ナンバーワンソング。
| music | comments(0) |
The New Year / The End's not Near  


The New Year のPV  泣いちまう。
| music | comments(0) |
海外ホームドラマ「ホニャララ」

(画像をクリック)

SAKEROCKのPV。ちと古いけど、素晴らしいクオリティなので。
| music | comments(0) |
Neil Young - Heart of Gold + 感傷文


いろんな人のいろんな諸事情が、いろんな俺のいろんな諸事情を圧迫しつつ、同時にいろんな俺のいろんな諸事情が、いろんな人のいろんな諸事情を圧迫したりして、そんないろんな諸事情がいろいろ絡み合って、イチイチ整理するのも面倒なぐらいいろんな諸事情まみれの社会生活を生き抜くのは、いろんな意味でイロイロ面倒だよなあってことに異論など無い訳で、って要するに、俺は今、得体の知れない壁に頭をゴチゴチぶつけながら、訳も分からずいろいろと悩んでおるワケで、何かもういろんなことがどうでもよいよというすべてを諦めてしまったよな気持ちと、それでもまだゴチゴチと前に進もうとする気持ちが、俺の脳内で仲良くルームシェアしているというタチの悪い状況がこのところずっと続いているわけですが、皆さんはいかがお過ごし?
って、自分で自分が収拾つかないまま、上記全文をまとめて放り投げつつ、ニール・ヤングって絶対信じれるよなという着地点に落下するわけですが。

僕が初めてニール・ヤングを聴いたのは高校3年生の冬の終わりで、確か受験やら合格発表やらがすべて終わった頃だったと思う。その頃僕は、「嗚呼、僕も君もアイツもあのクソ野郎もみんな揃って、もうすぐこの生まれた街を出て行くのねん」などと一人勝手に感傷的な気分で毎日をタラタラと過ごしており、フラフラ近所や街の中を徘徊しては、周りの風景を眺めちゃあ、「ふう」などと感傷的な溜息をついているような、チンカス生活を送っておったのですが、そんな時、ふらりと立ち寄った市営の図書館でたまたま目に付いた「After the Gold Rush」を借りたのであります。
生まれて初めて聴いたニール・ヤングの曲は、温かくて寂しくて、その当時の僕の心境とバッチリぴったんこで、俺はそれを当時買ったばかりのMDプレイヤーで録音すると、むさぼるように聴きまくったわけです。
それから1ヶ月も経たないうちに僕は上京し、慣れない一人暮らしが始まったのだけど、家具もまだ揃わない殺風景な部屋で、ひとり飯を食うことが何だかとても慣れなくて、妙に寂しくてホームシック気味になっているころ、新しい街、新しい自分の街のレコード屋さんで「Harvest」を購入しました。殺風景な部屋で、ニール・ヤングを聴きつつ感傷的な気持ちで煙草をふかしているのは、寂しいながらも、とても心地の良いものでした。
ちょうどその時期に、友人のKから電話をもらいました。当時、彼は浪人中で、ひとり予備校の寮に入所したばかりであり、彼も同じように孤独と闘っておりました。今となっては笑い話だけれど、彼は本当に泣きそうな声で「ここは刑務所みたいだ」と言いました。
周りの友人たちが大学に入学していくなか、もう1年勉強を続けるという選択をし、それを実行するということは、とてもツラいことだったろうと思います。その他にも彼の家庭で大きな問題が起きたりして、大変な苦労を抱えながら、彼は一人で戦っていました。
そんな彼を元気付けようと、僕は自分の好きな音楽を74分のMDに詰め込んで、手紙を添えて送りました。もちろんニール・ヤングも入れました。確かそのMDの1曲目がこの"Heart of the Gold"だったと思います。今考えてみれば、邦題の"孤独の旅路”なんてシャレにもなってないような、痛いチョイスのような気がしますが、あの当時の俺の恥ずかしいぐらいの勝手な想い(というか思い込み)が現れているような気がして、実に阿呆です。
その後、彼が受験を終えるまで、俺はその時期その時期に好きだった音楽をMDに詰め込んでは彼に送り続けました。彼からも返事をもらいました。今こうして書いてみると明らかにDTが時に巻き起こす気味の悪い妄念行為そのものですが、その当時の僕にとっては、友情の為の崇高な行為だったんだろうなと思います。
今現在の俺には、そんなこっ恥ずかしい行為は出来ないでしょう。なんだかんだで、こんな俺でも大人になりました。でもその恥ずかしいぐらいのアホほどに直球な行動が、今になってみると、実はとても羨ましくも思えたりして。
きっと、僕は年をとったんだと思います。
それでも、まだあの時の感覚がまだ残ってるんじゃないだろうかと、まだ俺の中にあの18歳ぐらいの俺がどっかに住んでるんじゃねえかと、訳も分からず落ち込んだときには、俺ぁニール・ヤングを聴くんです。
ニール・ヤングはいつだって俺を支えてくれたから。
| music | comments(4) |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE